理事長挨拶

ご挨拶

社会福祉法人こころは今年で設立3年目を迎える事ができました。
又、小規模福祉作業所、NPO法人設立と併せますと約15年の歳月が経ちました。
息子が生まれて間もなく障がい児とわかり、親亡後の将来が息子同様に生きづらさを抱えている人たちとその家族がこの地域の中で幸せな暮らしを考え、社会福祉事業の実現に向け、一歩一歩と進んでまいりました。
当法人の 理念にある「幸せ」特別な事ではなく誰にとっても当たり前に思える地域づくりを目指し、拓かれた施設運営に取り組んでいるところです。
こころで働く職員は障がい福祉事業に携わる専門家としてスキルを身につけ、利用者、家族、一人ひとりの幅広いニーズに常に応え、皆様方の思いに寄り添い少しでも役割を果たせることに努め、成長してまいりました。
設立3年目の若い法人ではありますが私の描いた法人に少しずつ近づいております。
これからも、こころが進む道が多くの方の支援に繋がれば幸いでございます。

社会福祉法人こころ 理事長 蓑部 義彦